米国 flag バンコクの米国大使館

住所95 Wireless Road
Bangkok (バンコク) 10330
タイ
電話国内: (02) 205.4000
国際: +66.2.205.4000
ウェブサイトhttp://bangkok.usembassy.gov/

この大使館についてのコメント

Wikipedia
Mon, 25 Dec 2017 18:52 EST
タイ国内の現状
>> 政権交代後の2011年頃からタイ国内で勃発している、一部のUDD支持者や移民労働者による政治活動とされる反日運動(俗称ปัญหา ตุ๊กแกกัด /Pạỵh̄ā túkkækạd)への具体的な沈静化対策は未だ施行されておらず、 タイ国内の至る場所で日本人に対する誹謗中傷を叫ぶ者、俗に赤シャツ過激派と呼ばれる支持者が数多く存在し、多くの住民や各マスコミから懸念や批判の声が挙がっている。 2013年9月に開催された アジア・バレーボルカップ(AVC)では、観戦席で日本(ญี่ปุ่น /Ỵī̀pùn)を罵倒する言葉を叫ぶ者に対し、厳しく注意を促すアナウンスが会場内に終始流れる中の異例な試合となった。 具体的には「怖い(กลัว/ Klạw)、バカ(บ้า/ b̂ā) 」という統一された言葉が中傷として頻繁に連呼されている。

>> 2013年10月現在から勃発中の反政府デモに対する抗議活動も武器行使を伴い激化しつつあり、タイ国内各地域の治安悪化や、タイ国民を始め 諸外国からの移民や駐在定住者(家族)の生活安全維持や教育問題などが深刻化している。 日本政府(外務省、在タイ日本国大使館)もこの問題については暗黙の体制を講じているため、邦人旅行者の詐欺被害や引ったくり等の盗難被害者数、邦人定住者に対する集団ストーカー等の弾圧被害者数、自殺事故等、邦人の不審死者数が増加傾向にある。 在タイ日本国大使館に属する領事館、領事部、タイ国日本人会、及びタイ警察等の機関には苦情や被害届が多数届けられている。 勃発中の反日運動に関してタイ国内の民法放送局では、タイ王国陸軍認可の放送局であるBBTV Channel7や、公共放送のThai PBSが各番組内で頻繁に話題に取り上げている。

このページでコメントを投稿する

米国大使館—ビザ取得やその他のサービス、場所や建物のことなど、何か経験談がありましたら教えてください。

あなたの名前
タイトル
メッセージ
最大2000字
 

このウェブサイトは大使館により運営されているものではなく、あなたの意見や質問が必ずしもそちらの職員により確認されるというわけではありません。こちらは米国の外交政策について幅広い討論をするフォーラムではないことにご注意ください。そのような話題は削除されます。